愛着のある家具

愛着ある家具の修理について

最近では、ホームセンターなどで格安の家具も販売されています。格安といっても、安かろう悪かろうというだけではなく、一定期間の使用に十分に耐えるものも少なくありません。しかし、このような格安のものでは、汚損などした場合に、家具修理をするよりも、新しいものを購入した方がよいと考えることも無理はありません。一方、本来的にしっかりとした作りの家具については、その価格も決して安いものではありません。しかし、家具修理によって、長く使用できることを考えると、使用期間全体で見れば、金銭的には、格安家具よりも、経済的であるということもあるのです。そこで、長く使用することを前提とした家具については、後者のような使用の仕方が望ましいといえます。

家具に修理に関する費用について

このようなしっかりとした作りの家具については、その家具修理にかかる費用も、決して安いものではありません。状態にもよりますが、家具の購入金額の数割程度に及ぶことも珍しくはないのです。しかし、定期的な保守的修理については、家具修理の費用も、購入金額の数パーセントで済むことがほとんどです。また、このような定期的な保守的修理を行うことで、大きな修理を必要とせずに済むとも考えられます。このような定期的な修理費用を考慮しても、そのつど格安家具を購入するよりも、格段に出費が多くなると考える必要はありません。短期の使用については、格安家具も合理的な選択肢ですが、長く使用するものについては、長期的な視野で検討することが大切なのです。