扱うジャンルが違う

業者により扱う家具が違うので注意します

現在、家具修理はレストランやホテルなどの業務用の家具の修理と、桐のタンスや船箪笥などの代々伝わる日本の家具修理や、西洋アンティーク家具修理に分かれています。業務用の家具修理を扱っている店でも、一般家庭向けのサービスも提供しています。ごく普通のダイニングセットの椅子の張り替えなどは、大量生産の家具を扱っている業者に依頼すると、早く安く仕上がります。桐のタンスは昔から洗ったり削りなおして使い続けることが一般的でした。業者は多くはありませんが、現在は全国に対応している業者が多いため、ネットなどで探して納得できる業者を探します。船箪笥などの日本の骨董や、西洋アンティークなどは、手仕事の家具のつくりを理解している職人でないと難しい場合があります。日本の骨董や西洋アンティークを専門に扱っている業者をネットなどで探します。

古くて質のいい家具を使う喜びがあります

家具修理は一定の人気があります。一般的なダイニングセットを購入して、椅子が1脚だけ壊れた場合には、安い業者に修理を頼めば、ダイニングセットを買い替えることもなく、お得になります。古い家具を修理して使う事にはメリットがあります。昔の家具は使われている木の質が良く、いまではとても手に入らないようないいものがあります。また古い家具は職人の手作りなので、歪みもなく、扉や引き出しなども密閉できるくらいきっちりと仕上げられています。見た目をよくするだけで、高品質でデザインのいい家具に生まれ変わります。古い家具をそのまま使っているよりも、修理して、見た目もきれいにすることで、インテリアがいちだんと高級感のあるものに変化します。品質のいい家具を新たに手に入れることは難しく、また驚くほど値段が高いことがあります。家にある古い家具や、購入したアンティーク家具を修理して使うことで、高級な家具のある暮らしになります。